おまとめローン

おまとめローンで借金返済!賢い活用術

冠婚葬祭や、事故やケガでの入院などに必要な治療費など、長い人生の中には、お金に困ってしまう局面が度々あるものです。そういった人生の局面は必ずやってきます。
しかもそんな時に限って、手元にお金がなかったりします。
そして、時には、お金を借りることもあるでしょう。

 

ピンチの時にはとても役に立つ消費者金融のキャッシングなどのローンではありますが、何かの理由で生活状況が変わり、借金を返していくのが辛くなってしまったり、気づいたら借入金額がかなりの額になっていた、なんてことが起こってもおかしくはありません。

 

そうなってくると、とたんに私たちの生活を苦しめることになってしまいます。
月々のローンの返済に苦しんだり、毎月何日もの返済日に追われることになったりして困ってしまっている、そんな人も少なくないのではないでしょうか。

 

しかし、延滞や滞納を何度も続けたり、未完済の借金を作ってしまうことだけは避けたいものです。
そんな時におすすめといわれるのが、借金を一本化するおまとめローンです。

 

 

ではこの「おまとめローン」とは一体何なのでしょうか?
皆さんもこの「おまとめローン」という言葉は耳にしたことがあるのではないでしょうか。
しかし、詳細についてはご存知ない方が多いのだと思います。

 

おまとめローンとは、簡単にいうと、「借金を1つにまとめてしまおう」ということなのです。
つまり、おまとめローンを利用して、「借金を一本化する」のです。

 

その主な目的としては、多重債務を一本化することで、月々の返済の負担を軽減することにあります。
より安い金利の金融機関から融資を受け、それによって他社から借りていた借金を全て完済します。すると、返済義務が残るのは、1社のみとなり、そこに返済をすればいいのみとなります。
ですから、金利も安くなり、しかも月々の返済日も1日のみとなり、わかりやすくなるというわけです。
しかし、もし、おまとめローンの利用を検討されているのであれば、しっかりとした情報収集が必要になります。場合によっては自分の多重債務について、弁護士など意見も聞いた方が良いこともありますので、よくご検討すれることをおすすめいたします。

 

では具体的にどんなことなのかということを簡単にご説明いたします。
例えば、A社、B社、C社とそれぞれから、30万円ずつ借りているとします。

 

それぞれの返済金を別々の支払日に払わなくてはならないというのは、ややこしく、とても面倒で、負担が大きいものです。
また、金利もそれぞれ18%と、高めの設定がされていたケースがあったとします。
毎月の返済が負担になり、おまとめローンを利用することにしました。

 

ここで重要なのは、少しでも金利の安い会社を選ぶことが必要になります。(でなければ、おまとめローンを利用する意味がありません。)
審査にも無事に通り、A、B、C社からの借金の合計と利息分を合わせた金額を、D社から融資してもらいます。
そして、それぞれの会社に全額返済して、完済します。

 

そして、残った90万円プラス利息分の借金を、D社に返済するのみとなります。
そうすれば、毎月の返済日は1日で済み、しかも、金利は安くなっているので、自己への負担が少なくなります。

 

では、そのメリットを上げてみましょう。
まず一つ目としては、返済日が1日で済むことです。複数の会社から借金をしていると、返済期日や返済金額がそれぞれバラバラでわかりにくかったりしませんか?

 

しかし、おまとめローンを利用することで、借入先が1社のみになることで、返済日や返済金額の管理が簡単になり、そんなことに悩まされる必要はなくなります。
そして、もう一つは、これは債務整理ではありませんので、個人の信用情報に傷がつくことはないということです。

 

そして、最後に上げるのは、上手くいかないとメリットにはならないかもしれませんが、返済総額を軽減できる可能性があるということです。
どういうことかといいますと、単純に計算すれば、金利は低くなっているのだから、返済金も少なくなるだろうということです。

 

しかし、返済計画や利率によっては、返済総額が返って増えてしまうこともあり得るということにもなります。

 

毎月の返済金に苦しんでいて、おまとめローンを利用したのですから、月々の返済金は、以前の返済総額よりも減らそうと考えるはずです。
ということは、つまり、同じ90万円を返済するにしても、月々の返済金額が安くなれば、それだけ返済期間は長引き、支払わなくてはならない利子が増えます。

 

せっかく安い金利での融資を利用しても、支払わなくてはならない利子は結果的には増えている可能性が高いということができるわけです。
ですから、上手く利用しなくては、せっかく一本化をしても借金を減らすことにはならないということなのです。

 

デメリットとしてあげられることもあります。
それは、審査が厳しいことです。

 

通常よりも融資金額が高額になるということもあり、審査がより厳しくなる傾向があります。
また、返済の延滞や滞納のような、過去の返済状況に不利な情報がある場合は、さらに審査の通過は難しいと考えた方が良いでしょう。

 

そして、もう1つあがられることとしては、おまとめローンを利用した際には、追加の借入は避けた方が良いということです。
おまとめローンは、返済専用の場合が多いため、利用限度額の枠内であっても追加の借入は困難です。

 

加えて、おまとめローン利用後は他社から新たに借入をすることも、避けた方が賢明です。

 

ここまでで、おおまかな「おまとめローン」のついては、おわかりいただけたでしょうか。
「おまとめローン」はうまく利用すれば自己の借金の負担を軽減できるかもしれない、便利なサービスです。

 

しかし、そこに目をつけた悪徳業者があることもまた事実です。
どこの世界にも獲得業者とは存在するものです。

 

もし、これからおまとめローンの利用を考えている方がいるのであれば、そんなものに騙されてほしくはありません。
現在の生活状況を鑑みて、不満や不安を抱えているからこそ、こうしたローンの利用を考えているのでしょう。

 

しかし、残念ながら、そうした弱みを持った人間こそ、悪徳業者の絶好のターゲットとなり得てしまうのです。
また契約時に不利な条件を突き付けられることも十分考えられます。

 

それでも「厳しい審査に通過したのなら」と契約を交わしてしまうと、後々とんでもないことにもなり兼ねません。
このような事態にならないためにも、悪質な業者をしっかりと見極めることが大切です。

 

まず、金利が極端に安い会社には気をつけましょう。
おまとめローンをする上では、確かに金利の安い企業との契約を交わすことは重要ではありますが、極端に金利が安い会社は要注意です。
特に、消費者金融なのに、銀行のように金利を低くしている会社は危険です。消費者金融で、銀行のような金利での運営はほぼ不可能です。

 

また、名前の知らないような金融機関を利用する際には、必ず貸金業登録番号を確認しましょう。
この番号のない業者は悪徳業者と見て間違いありません。

 

おまとめローンはとても便利ではありますが、ご利用にはくれぐれもご注意ください。